立山周平のブログ
fromshuhei.exblog.jp

立山周平の徒然日記
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
RWC2015宮崎合宿3−1
RWC2015宮崎合宿3−1

 2014年7月友人の建築スケッチ展に、ひさしぶりの遭遇でありました。
奥2人京都、手前2人東京、大学時代互いに敵味方でラクビーを戦った友人達です。(50年前の話)
 当然の様に、話題は今のラクビーについての雑談になりますが。
RWC2011みやざき 合宿の折、実は彼らに話を持ちかけても、ほとんど興味を示さなかったのです。「ラクビーも随分変わったよな」ぐらいで、
 だがその時、突然横浜の同級生から『今年の代表監督,少し違うみたいですよ』『日本人らしい,日本の特徴最大に引き出すんですて,日本方式とでもいうのかな』『楽しみですよ』と突然RWCの話に盛り上がりましたね。
 宮崎ではほとんどラクビーのニュースが流れることも無く、ウェールスに勝ってランク9位まで上がったことも聞いたときなど驚きでしたね
b0127093_12281290.jpg


その3ヶ月後だったのか,2014年10月、その姿を始めてシーガイア多目的広場で見かけたのは、
この日から宮崎では,RWC2015がとても身近なものになりました。
 グランドでも宿舎でも、そのJapan Wayの文字が頻繁に見かけられたものです。
 RWC2011での合宿風景、とその結果をも知るものにとって、まさに、この合宿はRWC2019 in Japanを思う、国家的事業なのではと、全く疑わえない程の、おもく激しい練習風景を見せつけられたものです.
 前回の合宿に比べ,全く違うグランド全体がピリピリしている、そんな印象でしたね。

翌4月、宮崎に日本代表候補選手達が大挙して集まってきました、トレーニングの為の様々な機材が搬入され,その規模の大きさにも驚かされたものです。
 流石(2019のために)と、誰もが疑わなかったのです。
(このことは後に、とても後悔することになるのですが)


思えば4月から8月末までキョンプ地とし、10月のキャンプを含め、長期滞在。宮崎のラクビーフアンにとって素晴らしい1年でした。
 それはそれは,厳しい厳しい,合宿風景を,
特にスクラムの強化,トレーニング場では、レスラーかと思わせる飽くなきタックル.の応酬 ボディビルダーのウェイトリフリング、首の強化、外ではいつまでも続く五郎丸さんの孤独なゴールキックの練習,そんな壮絶で真剣な風景を思い出す度に涙が出そうです。
本当におめでとうございました。


最近こんな記事を送ってくれた人がいます。
b0127093_12402889.jpg
b0127093_12351499.jpg

出てしまってから仕方が無いんですが,[エディに頼まれて立山周平がデザインした],と書かれています。光栄です、が。
 今年の日本代表の合宿を知る人は,これは、今、デザイン会の話題となった、「パクリ」じゃないのと,誰もが思われたでしょう.穴があったら入りたいぐらいなんです
友人のヴァイオリニスト加藤知子が新聞は大嫌いと言ってます、出てしまった後「それは無いよ』なんて言い訳できないんですね。
[PR]
by shuhei-tateyama | 2015-10-25 13:11